keyword
  1. 書籍
  2. 副業
SEARCH

「副業」の検索結果10件

  • 2019-11-19
  • 2019-11-19
  • 0件

未経験でもデザインで副収入を得られた話

「スキルのない人は会社員として働き、スキルのある人はフリーランスとして働く」 私がよく視聴しているnewspicksの動画コンテンツ『UP DATE』の『結婚は時代遅れなのか?』という放送で出てきたコメントです。 このコメントは「スキルのない会社員」として働いている私の心に強烈に刺さりました。私がフ […]

  • 2019-08-03
  • 0件

プロフィール

「かきえもん」のやっていること 2019年6月に、デザイナーのいちげ氏(@booichiro)が主催する初心者デザイナー向けオンラインコミュニティ「はじめのいっぽ」の第1期生として入会し、「イラストも描けるデザイナー」を目指して日々修行中。 制作実績は下記ページ。 デザインを始めたきっかけ 子供のこ […]

  • 2019-07-21
  • 0件

複業のためのオンラインサロン入会

今年の6月、初めてオンラインサロンに入会した。 元々複業・副業に興味があり、スキルアップと社外での人脈を形成するためにオンラインサロンに入会することには強い関心があった。 「DMMオンラインサロン」のようなプラットフォームページを見ると、ものすごい数のオンラインサロンがあることがわかる。 その中でも […]

  • 2019-07-06
  • 0件

Twitterヘッダーデザインの進め方

6月よりデザインのスキルアップのため、「おやびん」こと、いちげ氏(@booichiro)が主催するデザイン初心者向けオンラインコミュニティである「はじめのいっぽ」に参加している。 ここで知ったデザイナー向けの書籍である『レイアウト・デザインの教科書』(SBクリエイティブ、2019年)を購入した。 い […]

  • 2019-06-26
  • 0件

段取りとMACなゴールで新しいことに挑戦する

「複業に取り組んで今までしたことのない経験をしたい、出会ったことのない人に会ってみたい」 「副業に挑戦して本業以外の収益の柱を持ちたい」 私がブログを始めたきっかけは、こんな思いからだった。 今でもこの思いは変わっておらず(なんせ副業収入は現時点で0円だから…)、むしろどんどん強くなっている。 終身 […]

  • 2019-06-12
  • 2019-06-26
  • 0件

デザイナー初心者向けオンラインサロン「はじめのいっぽ」入会

[outline] 「はじめのいっぽ」入会の経緯 現在複業をしている、または複業を検討している人の中には、オンラインサロンに入っている人も多いと思う。 私も複業をしようと考えたときに「どうやってスキルアップするか」を考えた。 その結果、オンラインサロンに興味を持ち、中里桃子さんの著書『副業・人脈・好 […]

  • 2019-06-05
  • 2019-06-26
  • 0件

自分の「好き」で経験を積み、市場価値を上げる

大企業の中にいると現状維持が普通になる。職場の同僚も同期入社の友人も顔ぶれが変わることなく、同じような日々が続くことが普通になっていく。 新卒で就職して同じ職場で40年を過ごすという、いわゆる「終身雇用にどっぷり浸かった働き方」は現実的ではなくなったと言われるようになってしばらく経つ。 SNSなどで […]

  • 2019-05-07
  • 2019-06-26
  • 0件

男性が育休を取得する目的は育児をするためではない

[outline] 第3子が誕生した際に育休を取得 私の勤務先には育児休職制度がある。制度自体はかなり古くからあったようだが、男性が育児休職を取得する例は少ない。 ちなみに勤務先が社外向けに公開している育休取得率を見てみると2017年度で7.3%と1割にも満たないのが現状だ。しかも、1日でも育休を申 […]

  • 2019-05-06
  • 2019-06-28
  • 0件

好きの実現で個人内多様性を高め、成長と挑戦へ

副業ではない「複業」に取り組むには 私は現在、京都に本社を構える企業で働いている。比較的大きな企業にも関わらず、副業が全面的に認められている。人事の人間に話を聞くと、もともと「従業員に兼業農家の人が多かったため、副業を認めざるを得なかった」という経緯があるようだ。昨今の「副業解禁」の流れとは、全く無 […]

  • 2019-05-01
  • 2019-05-11
  • 0件

はじめに

会社員のキャリア構築に対する不安 私は現在、京都に本社を構える某メーカーで機械設計エンジニアとして働いている。ここ1年くらいは働き方改革のあおり(?)を受けて職場の「残業時間削減施策」が着々と実施されている。私は双子の小学生と保育園に通う1歳児を育てる身なので、会社にいる時間が減ることそれ自体はあり […]